Works

初心者のGoogleアナリティクス。管理者のアクセス除外設定方法

この記事は約 3 分で読めます。

Google Analytics
初めてGoogleアナリティクスって、機能満載だけれど・・・機能ありすぎて分からない事が多いです。
Googleアナリティクスのタグを貼って解析ができる状態になった直後にする設定や、基本的な用語の説明などを数回に分けて書いてみようと思います。


今回は、Webサイトの管理者のアクセスをGoogleアナリティクスで含めないようにする、「除外設定の方法」です。


管理者・関係者のアクセスの除外

Webサイトを作った後、アクセスが毎日あると思ったら・・・自分だったということがあります。。。
管理者のアクセスを計測しても意味がないので、除外する設定をします。

1.自分のIPアドレスを調べる

まずは管理者や関係者のIPアドレスを調べます。
私はいつも「サーバー監視/ネットワーク監視サービス」で調べています。
IPアドレスを調べる
アクセスすると、あなたの利用しているIPアドレスが「●●●.●●●.●●●.●●●(●は数字)」と表示されます。これがIPアドレスなので、この数字を控えておきます。

2.Googleアナリティクスで除外設定

Googleアナリティクスで「アナリティクス設定」画面の一番右側「ビュー」の項目の中の「フィルタ」をクリックします。
googleアナリティクス画面


出てきた画面で「+新しいフィルタ」ボタンを押します。
Googleアナリティクス画面


「新しいフィルタを作成」にチェック、「フィルタ名」は自由に入力、「フィルタの種類」は「除外」、「参照元かリンク先を選択します」は「IPアドレスからのトラフィック」を選択、「式を選択します」は「等しい」を選択します。
その下に、先ほど控えておいたIPアドレス(数字の間の.含む)を入力します。
最後に保存ボタンを押して、除外設定完了です。
Googleアナリティクス画面
複数のIPアドレスがある場合は、複数設定します。


これで関係者のアクセスを、IPアドレスで除外するようになりました。

アドオンも便利

同じIPアドレスでも一部の人だけ除外したい場合は、アドオンを利用するとアドオンを入れているブラウザだけ除外するということができます。
管理者のブラウザにアドオンを入れておけば、アナリテクスの設定なしでも関係者のアクセスを除外できます。


Google アナリティクス オプトアウト アドオン
https://tools.google.com/dlpage/gaoptout?hl=ja


googleアナリテクスのアドオン
管理者や関係者のアクセスを除外すると、本当のユーザーのアクセスを解析できるようになります。
ただスマホなどのアクセス除外設定はできないので・・・ここは単純に管理者のパソコンからのアクセス除外のみとなります。

関連記事

ABOUT ME
Resound Web Lab
Resound Web Lab 代表。 福岡県北九州市で、Web制作サポート・運営指導、女性の起業支援、カウンセリングをしています。 お客さま「らしさ」を引き出し、人とひと・人とモノを繋げていきます。 このサイトでは、Webの技術的な情報や、ご自身で情報発信をされる方に向けて、記事を更新しています。