ドメイン「www」あり・なしの統一設定をしてみる

投稿者:

この記事は約 3 分で読めます


独自ドメインを取得し、サイトも公開しました。
・・・で、気になるのがURLに「www」のありなし。
検索クローラは、これをそれぞれ別のURLと認識するようです。
そのため、同じサイトなのに重複コンテンツだと判断されてしまいます。


重複コンテンツとなってしまうと、SEO上でも良くありません!!
こういう時は、「www」のありなしを統一させる設定が必要になります。
今回、設定のメモをここに残します。


設定方法

  1. Search Console(旧ウェブマスターツール)に、「www」のありなし両方のドメインを登録
  2. 使用するドメインの設定をする
  3. 「.htaccess」で301リダイレクト設定をする


1.Search Console(旧ウェブマスターツール)に、「www」のありなし両方のドメインを登録

Search Console(旧ウェブマスターツール)を開いて、右上にある赤いボタン「プロパティを追加」で「www」のありなし両方のドメインを登録します。

Search Console画面右上

片方だけだと、この後・・・設定ができなくなります。(「余談」で説明します)


2.使用するドメインの設定をする

「www」のありなし両方のドメインを登録したら、両方の表示がされますので、統一したいURLのリンクをクリックします。

Search Console画面


出てきた画面の右上にある「歯車」のアイコンをクリックした後、「サイトの設定」を選択します。
Search Consoleの画面


出てきた画面で、wwwのありなしのURLを選択して「保存」ボタンをクリックします。
※「保存」ボタンが出ない場合は、チェックが入っていない方を一旦クリックすると出てきます。
Search Console画面

「変更が保存されました。」というメッセージが出たら、Search Console(旧ウェブマスターツール)での設定は終わりです。


余談

私は最初、片方しか登録していませんでした。その状態で、「2.使用するドメインの設定をする」をしようとすると・・・。

いきなり以下のようなメッセージが出て、設定ができなくなってしまいます。

使用するドメインを設定する場合は、○○の所有権を確認してください。○○を確認してください。

www5
www」のありなしのURLを登録することで、所有権が確認されるようです。

3.「.htaccess」で301リダイレクト設定をする

「.htaccess」に「www」のありなし統一する為、以下のような記述を追加します。

「www」なしの場合(resound-weblabの部分は、設定するドメインを入れてください)


「www」ありの場合(resound-weblabの部分は、設定するドメインを入れてください)



【便利なツールを紹介】
「.htaccess」の記述が分かりにくい・・・という方は、「htaccessEditor」という以下のサイトにアクセスしてみてください。


htaccessEditor
「.htaccess」が楽に記述できるお助けサイトです!
htaccessEditor

ここまで設定ができたら、ブラウザで両方のURLを表示してみます。
すると、どちらも設定したURLで表示され、URLが統一できるになります。


最後に・・・。「Search Console ヘルプ」のページを紹介します。
使用するドメインの設定(www の有無)|Search Console ヘルプ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.