web技術メモ

WebサイトのURLを変更した後 .htaccessの記述して新しいURLに転送してみる

この記事は約 4 分で読めます。

ずっと運営していたサイトのURLを都合により変更(ファイルを移動)させてしまった時、ブックマークから訪問してくれた人が困らないように新しいURLへ転送する事が必要になります。

そんな時、「.htaccess」に記述(HTTP301リダイレクト)をすれば、自動で新しいURLに転送してくれるので便利です。

「.htaccess(ドットエイチティーアクセス)」とは?

せっかくだからいろいろググってみました。アクセス制御とかに使うのは知ってたけれど、何?って思うと案外答えが言えないものだったので・・・。

.htaccess(ドットエイチティーアクセス)とは、Apacheを用いたWebサーバにおいて、ディレクトリ単位で設置及び設定を行える設定ファイルである。

Apacheではhttpd.confという設定ファイルでApacheの設定を行うが、Webサーバの要となる設定ファイルであるため、Webサーバの管理者でないと設定を変更することができない。

.htaccessはhttpd.confで.htaccessの利用を許可している場合、Webサーバ管理者のみならずウェブサイトの管理者レベルでApacheの一部設定を行えるようにしたものである。(中略)

「主な用途」は以下の4つ。

・IDとパスワードによる制限 – Basic認証やDigest認証を用いて特定のIDとパスワードを用いてログインしないと閲覧できないようにする。

・IPアドレスとリモートホストによる制限 – 特定のIPアドレスとリモートホストのアクセスのみを許可、あるいは拒否を行えるようにする。

・エラーメッセージのカスタマイズ – IDとパスワードが違う、アクセスが禁止されている、ページが見つからない、サーバーでエラーが生じたといったエラーメッセージを独自のものに差し替えることができる。

・MIMEタイプの指定 – MIMEタイプを用いてファイルが何の種類(JPEG、zipなど)であるか判別させることができる。

【ウィキペディア「.htaccess」より一部引用】

「.htaccess」に記述してみる

「.htaccess」をエディタソフトで記述して、サーバーに転送すればOKです。
サーバーによって属性が変わると思うので、レンタルサーバーの仕様を確認して転送してください。

記述は、以下のように・・・書きました。

同じサイト内でファイル名が変更した時

※◆はスペースと見てください。
「http://motoshige.net」部分はサンプルのURLなので書き換えてください。1ファイルにつき1行書く事となります。

ディレクトリごと一括で変更

ディレクトリもディレクトリごとに1行書いていけば、ファイル1つ1つ書かなくてもリダイレクトできます。

ひとまず、こんな感じで新しいURLにリダイレクトしてみました。
ブラウザで表示確認してみてOKだったので、ひとまずホっです♪

日頃あんまり「.htaccess」を扱う事がなかったので、まだ理解してない事も多いです。でも使ってみると便利なんで、もっと理解しておきたいと思います。

参考サイト

HTTP301リダイレクト .htaccess によるサイト移転・ファイル移動/アフィリエイトで稼ぐためのサーバ構築スキルさま】

WordPress をディレクトリごと移動する方法 /minorio のプログラミング・メモさま

ABOUT ME
Resound Web Lab
Resound Web Lab 代表。 福岡県北九州市で、Web制作サポート・運営指導、女性の起業支援、カウンセリングをしています。 お客さま「らしさ」を引き出し、人とひと・人とモノを繋げていきます。 このサイトでは、Webの技術的な情報や、ご自身で情報発信をされる方に向けて、記事を更新しています。