Googleウェブマスターツールの登録方法

投稿者:

この記事は約 3 分で読めます


「Google ウェブマスターツール」はGoogleアナリテクス同様、Googleが無料で提供しているツールです。
Googleウェブマスターツールは、Googleアナリテクスで、「not provided」と表示される不明キーワードの内容を知ることができたり、検索エンジンに登録されたページ数やクロール状況、問題点などを把握するのに便利なツールです。
今回は、Googleウェブマスターツールの登録・連携方法をメモします。




目次

  1. Googleウェブマスターツールの登録方法
  2. Googleアナリテクスと連携する方法


Googleウェブマスターツールの登録方法

まずは「Google ウェブマスターツール」にアクセスして、Gooleアカウントでログインします。(アカウントがない場合は、作成します)


「サイトを追加」ボタンをクリックし、登録したいサイトのURLを入力します。
Googleウェブマスターツール登録画面
Googleウェブマスターツール登録画面


サイトの所有権を確認するために、以下の画面で「別の方法」タブをクリックして、出てきた方法のうち1つの手段を選んで実施します。(タグをhtmlの中に記述する方法とか、ダウンロードしたファイルをサーバーにアップする等があります)
1つの手段を実行できたら、確認ボタンを押します。
Googleウェブマスターツール登録画面
所有権を確認ができたら、以下のような画面がでます。
Googleウェブマスターツール登録画面


Googleウェブマスターツールの登録はここまで。
次は、Googleアナリテクスと連携をします!

Googleアナリテクスと連携する方法

Googleアナリテクスにログインします。
「アナリテクス設定」→「プロパティ設定」の画面を開きます。一番下の「ウェブマスター ツールの設定」の部分で「編集」のテキストリンクをクリックします。
Googleアナリテクスと連携する


Googleウェブマスターツールは複数のサイトを登録できます。
複数管理している時は、一覧の中から1つ選択し、関連付けをします。
Googleアナリテクスと連携する
webmasters_8_mini
これで、GoogleウェブマスターツールとGoogleアナリテクスと連携ができました。
連携したことで、Googleアナリテクスの「レポート」画面の「検索エンジン最適化」の中の「検索クエリ」、「ランディングページ」や「地域別サマリー」が見えるようになりました。


次回、Googleウェブマスターツールの使い方など書いていきたいと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください