web技術メモ

Googleアナリテクスでお問い合わせ完了画面の実際にないアクセスが急増?!【試してみたことメモ】

この記事は約 3 分で読めます。

mac_pen_mini
Googleアナリテクスの目標設定で、お問い合わせ完了画面が表示されたら(アクセスしたら)というものを入れています。
今回、このお問い合わせ完了画面の計測がたくさんされて、喜んでいたら・・・実は違った!ということがあったので、個人的なメモです。


気が付くまでの状況など

  • Googleアナリテクス設定で「お問い合わせ完了画面」が表示されたら「目標達成」としている
  • 地方の個人経営の小さなピアノ教室のサイト
  • 静的なhtmlの小規模サイト
  • 全国の個人のピアノ教室を紹介しているサイトに登録している
  • アクセス解析のみ、こちらで管理。お問い合わせ等はお客様が管理している


2016年2月のGoogleアナリテクスの画面

コンバージョン率が「62.92%」という驚くべき数値になっていました!
さすがにアヤシすぎるので「おかしい?」と気が付いたのでした。

また4種類完了の数値が全て「14」となっていて、人のアクセスでもない気がしました。

thanks_201602

確認と対策

  • 誤ってインデックスされているかどうか
  • 「お問い合わせ完了画面」が表示となっているアクセスの経緯
  • htmlの記述(Googleアナリテクスのタグ等も確認)
  • Search Console(ウェブマスターツール)画面も併せて確認


誤ってインデックスされているかどうか

Googleにインデックスされているかどうかは、Googleの検索画面で以下のようにURL入力すると、インデックスされているページが出てきます。

今回のサイトは、登録すべきページのみがインデックスされている状態だったので、OKでした(お問い合わせ完了画面がインデックスされていない=OK)


「お問い合わせ完了画面」が表示となっているアクセスの経緯

「お問い合わせ完了画面」が表示となっている全てのアクセスの参照元が同じサイトでした。

人でないものが、この参照元サイトから辿ってきた??(仮説)


htmlの記述(Googleアナリテクスのタグ等も確認)

Googleアナリテクスのタグは間違いなく貼れていました。

念のために、サンクスページのhtmlに以下のmetaタグを追加してアップし直しました。


Search Console(ウェブマスターツール)画面も併せて確認

特に異常はSearch Consoleを見ている限りではなかったのですが、「robots.txt」に以下を記述追加しました。
※【例】「mailform」フォルダの中と「thanks.html」をアクセスしないようにする


ひとまず上記を設定確認・追加記述で処置。
今のところ(2016年3月21日現在)、おかしな状況はなくなっています!

他のサイトでは一切起きていない現象なので、とても不思議でした。

本当のアクセス急増で、お問い合わせが増えているのなら良かったのですが・・・。なかなか簡単にうまくはいきませんね(笑)

この件、また気付きがありましたら追記していきます!


ABOUT ME
Resound Web Lab
Resound Web Lab 代表。 福岡県北九州市で、Web制作サポート・運営指導、女性の起業支援、カウンセリングをしています。 お客さま「らしさ」を引き出し、人とひと・人とモノを繋げていきます。 このサイトでは、Webの技術的な情報や、ご自身で情報発信をされる方に向けて、記事を更新しています。